学校法人で導入をお考えの方へ

7つの習慣Jとは

学生・生徒が・・・・
「なりたい自分」を実現するために必要な考え方や習慣を学び身に付けることができます。
教員が・・・・
一人ひとりの生徒指導力・授業力を高め、教員同士の連携を強めることができます。
学校が・・・・
学校の教育方針を分かりやすく伝え共感を得る募集活動ができます。
在校生徒・保護者とのコミュニケーションを深めることができます。

授業プログラムの特徴

習慣化を促進するプログラム
ゲームや演習、成功者の感動エピソードなどにより、自ら変わりたいと思う気持ちを引き出します。また毎回授業ごとに「今週のチャレンジ」を実施することで、「気付き→行動→振り返り」のサイクルで習慣化を促進します。
充実した授業ツール
授業の進行手順が書かれた講師用マニュアル、生徒に視覚と音で訴える授業スライド、分かりやすい生徒用テキストなど、安定して高い授業品質を実現するための各種授業ツールを用意しています。
学校別の様々なニーズに対応
豊富なプログラムの中から学校ごとに選択して使用可能のため、人間性教育から学力向上、また経済産業省の「社会人基礎力」とも親和性が高く、キャリア教育としても活用できます。

学校での活用事例

高校・中学

なりたい自分になるための「生きる力」「生活習慣」「勤労観」を高めるための授業として活用されています。

出願者数を続伸させた事例
「7つの習慣J」を広報活動ツールの一つとして活用し、学校の教育方針を分かりやすく伝えることで出願者数を続伸させている学校の事例です。
生徒の生活意欲を飛躍的に高めた事例
ベトナムに学校を建てるための募金活動にクラス全員で取組むことを通して生徒一人ひとりの意欲が高まりクラスの団結力が強まった事例です。
生徒の問題行動を減少させた事例
「7つの習慣J」授業を生徒指導の一環として活用することで、生徒の問題行動の早期発見を図り落着いた学校生活を実現した事例です。
≪受講生の声≫

大学・専門学校

就職活動を勝ち抜く「折れない心」、就職活動に向けた適切な「勤労観」、企業に求められる人材に必要な「社会人基礎力」を身に付けさせる授業として活用されています。

中途退学者の減少と就業意欲を高めるための取組み事例 
「7つの習慣J」を活用し、学生の心や学校に対する意欲を把握することで中途退学者の減少に取組むと共に、社会に出たときに必要となる「人間力」「職業意欲」を高める取り組みをされている学校の事例です。
≪受講生の声≫

※「7つの習慣®」および「7つの習慣J®」は、フランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。