希望の環プロジェクト

2012年度 文化祭など学校内での実施をご検討の場合は以下に御連絡をお願い致します。

FCEエデュケーション スクール事業部
希望の環担当
TEL:03-5908-1400
メール:school@fc-education.co.jp

FCEエデュケーションでは東日本大震災で被災した生産者を支援する「希望の環」プロジェクトに賛同し、東北復興支援の環を教育現場に広げる活動をしています。

「全国の学校から被災地支援を」というコンセプトのもと、被災地の食品製造メーカーと全国の中学・高校との橋渡しを行うのが当社の役割です。

文化祭やバザーなど学校主催のイベントで被災地メーカーさんの商品を各学校の生徒が販売することで、被災地の復興支援が同時に生徒達の教育の一助になればこの上ないことだと考えています。

各学校での商品販売による販売益は、物流コスト等の実費を除きそのほぼ全てが被災地の商品メーカーに送られており、FCEエデュケーションでは一切の収益金は得ておりません。


希望の環プロジェクトは全国約70校の中学・高校に活動が広がっています

学校での取組みは今年9月から始まり、全国27府県、69校の中学校・高校の文化祭、学園祭において、被災地メーカーの缶詰や鰹節、味噌など合計13,000個以上が生徒らにより販売されました。

活動を通じて、生徒が自分自身の変化を感じています

希望の環プロジェクトに参加いただいた中学校、高校の一部において、アンケートにご協力いただきました。 活動への参加を通じて、自身や成長実感を感じていること、また社会への関心が深まり、貢献したいという意欲の高まっています。

参加した生徒・教員のコメント

「1人では出来ることが限られているけど1人1人が力を合わせて協力しあえばできることが無限に広がると思いました。この活動が復興へ少しでも役立てたら、いいと思います。」(栃木県私立高校1年女子)

「今回の活動で被災地がどれだけつらい思いをしているのか分かったし、今回の活動だけで終わりにしないでこれからも続けていきたい。」(神奈川県私立高校2年男子)

「僕たちはただ商品を売っただけだけどその売上が東北の人のために使われると思うとやってよかったと思えた」(高知県県立高校3年男子)

「生徒たちも、こちらから指示を出さなくとも大きな声を出して販売に従事しておりました。やりがいもあり貴重な体験になったかと思います。」(私立高校教員)

希望の環プロジェクト参加校